MENU

生殖医療の治療成績と
安全性の両立をめざします

2021.1.18長野市下氷鉋に
開院

クリニックからのお知らせ

  • 新型コロナウイルス感染症に対する、長野市の感染警戒レベルが「5」となったことに伴い、以下の対応とさせていただきます。御協力をよろしくお願いいたします。

    必要時以外の付き添い受診(ご夫婦二人での来院)をご遠慮いただいております。
    検査、人工授精等に関する検体採取もご自宅で行っていただくことを原則とします。
    WEB問診の入力がない場合、受付前の入力を必須とさせていただきます。
    診察室の換気回数を増やしているため、音が気になる場合があるかもしれませんがご容赦ください。

  • WEB問診のご来院前入力についてのお願い

    新型コロナウイルスの感染状況を示す感染警戒レベルが、長野市は特別警報となったことを受け、患者様にはWEB問診を入力後に来院していただき、健康状態を確認後に受付をご案内させていただきます。

    来院前にWEB問診がお済みでない場合は、お車や院外でWEB問診入力を済ませていただき、健康状態について確認が取れましたら、受付をさせていただきます。

    感染対策のため、また待ち時間短縮のため、来院前のWEB問診入力にご協力くださいますようお願い申し上げます。

    健康観察の問診で1つ以上該当する場合は、来院前に必ずお電話をお願いいたします。お電話で状況を確認させていただき、来院後の待機場所のご案内や、状況により受診を延期していただくご案内をさせていただきます。

  • 新型コロナウィルス感染症への対応について

    感染防止のため、下記の点にご協力ください。

    • 体調確認のため、来院前日にWEB問診の入力をお願いします。受診前日18時以降に入力が可能となります。(WEB問診の入力ができない場合には、来院前に電話でお問い合わせください)また、状況により受診を延期していただく場合があります。
    • 当日来院前に体温の測定をお願いします。37.5℃以上の場合や体調不良などがみられた場合には、必ずお電話でお問い合わせください。
    • 受付後、診察までの時間は駐車場での待機をおすすめします。当院では駐車場にいても使用可能な呼出システムを導入しています。また、当院の診察室は感染症診察室レベルの換気回数に対応した空調設備を備えています。

当院の受診について

待ち時間短縮・新型コロナウイルス感染症対策として待合室での“密”を避けるためにも、当院は完全予約制とさせていただきます。 WEB受診予約

待合室の滞在時間を減らすためにも、ご自宅でゆっくり入力することが可能なWeb問診をご利用ください。詳しく入力していただくと、治療成績の向上にもつながります。 WEB問診

当院は、「お子様を望まれる方」もしくは「将来お子様を望まれる方の月経不順、月経困難症」に対する診療を行います。そのため大変申し訳ありませんが、お子様を連れての受診はご遠慮ください。

OKAレディースクリニック

診療科目

高度生殖医療(体外受精・顕微授精)・不妊治療一般・婦人科

診療時間

9:00〜
12:00
15:00〜
17:30

※火曜日は15:00~16:30となります。

  • 完全予約制とさせていただきます。WEB予約をおすすめします。
  • 院内の混雑を避けるために、WEB問診にご協力ください。

〒381-2216 長野市下氷鉋1-14-1
TEL:026-285-0123

院長 開院のあいさつ

私はこれまで、約12年間、信州大学医学部附属病院で体外受精・胚移植をはじめとした不妊治療、腹腔鏡、子宮鏡などの内視鏡手術に携わってきました。大学病院では先進的な設備やチーム医療、他科との連携など、恵まれた環境で診療を行うことができました。しかし、施設が大きいことなどから待ち時間が長くなり、待合室でのプライバシーの確保に限界があることなど、解決することが難しい課題がありました。

今回、特にお子様を望まれる方の気持ちに寄り添い、総合病院では対応が難しかった通院しやすさ、ストレスの少ない受診環境を実現したいと考え、当クリニックの開院を決意しました。

医療法人 未来ART
OKAレディースクリニック
岡 賢二

初めての方へ

「生殖医療の治療成績と
安全性の両立をめざします」

生殖医療で大切なことは、治療成績と安全性の両立と考えています。この2点については全く妥協のない最新の設備を用意しました。大学病院で有用性が高かったタイムラプスインキュベーター、Piezo ICSI、ICタグによる精子、卵子の管理システム等の導入を予定しています。自然妊娠を望まれる方のためには、卵管鏡下卵管形成術(FT)を日帰り手術で行います。また、新型コロナウィルス感染症の対策については設計段階から考慮し、診察室の空調は感染症診察室レベルとしました。

アクセス